『激熱!ガチンコBEST』考察

『激熱!ガチンコBEST』は、事前に公式ページ上での投票で選ばれたカードを収録したもので、スーパーレア~コモンの各レアリティごとのカードのランキングが公式ページやCMで発表されたりもしていた。

投票対象は通常エキスパンションであるDM-24『極神編 第1弾』~DM-36『覚醒編 第1弾』に収録されていた(投票開始段階でのプレミアム殿堂カードを除く)全てのカードであり、プレイヤー層ごとにハッキリ需要が分かれているのが見てとれる。

詳細は以下より
中間発表(公式の告知ページはこちら
※並び順=ランキング順ではないかも

■スーパーレア部門
時空の雷龍チャクラ / 雷電の覚醒者グレート・チャクラ
時空の火焔ボルシャック・ドラゴン / 勝利の覚醒者ボルシャック・メビウス

■ベリーレア部門
サイバー・G・ホーガン
威牙の幻ハンゾウ

■レア部門
《母なる紋章》
リーフストーム・トラップ
母なる星域
《スーパー・スパーク》
ハッスル・キャッスル

■アンコモン部門
《未来設計図》
光陣の使徒ムルムル
《炎獄スマッシュ》
《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》
再誕の社

■コモン部門
光牙忍ハヤブサマル
《超次元フェアリー・ホール》
超次元ボルシャック・ホール
《フェアリー・ライフ》
超次元リバイヴ・ホール



最終結果BEST3(CM・月コロにて発表)
CMのキャプ画像はこちら
■スーパーレア部門
1位《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン / 勝利の覚醒者ボルシャック・メビウス
2位《時空の雷龍チャクラ / 雷電の覚醒者グレート・チャクラ
3位《魔刻の斬将オルゼキア》

■ベリーレア部門
1位《サイバー・G・ホーガン
2位《威牙の幻ハンゾウ
3位《爆竜トルネードシヴァXX》

■レア部門
1位《母なる星域
2位《ハッスル・キャッスル
3位《リーフストーム・トラップ

■アンコモン部門
1位《光陣の使徒ムルムル
2位《再誕の社
3位《ローズ・キャッスル》

■コモン部門
1位《光牙忍ハヤブサマル
2位《超次元ボルシャック・ホール
3位《超次元リバイヴ・ホール


全再録カードリスト
■スーパーレア・全4種
S1/S4 《時空の雷龍チャクラ / 雷電の覚醒者グレート・チャクラ
S2/S4 《魔刻の斬将オルゼキア》
S3/S4 《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン / 勝利の覚醒者ボルシャック・メビウス
S4/S4 (能力投票カード レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター

■ベリーレア・全4種
1/37 《サイバー・G・ホーガン
2/37 (能力投票カード デーモン・コマンド/ハンター
3/37 《威牙の幻ハンゾウ
4/37 《爆竜トルネードシヴァXX》

■レア・全10種
5/37 《光牙王機ゼロカゲ》
6/37 (能力投票カード メカ・デル・ソル/エイリアン
7/37 《ストリーミング・チューター
8/37 (新規)
9/37 《トラップ・コミューン
10/37 (新規)
11/37 《リーフストーム・トラップ
12/37 《母なる星域
13/37 《神秘の宝箱
14/37 《ハッスル・キャッスル

■アンコモン・全10種
15/37 《ピース・ルピア》
16/37 《光陣の使徒ムルムル
17/37 (新規)
18/37 《ローズ・キャッスル》
19/37 (新規)
20/37 《超爆デュエル・ファイアー
21/37 《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》
22/37 《再誕の社
23/37 (新規)
24/37 《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》

■コモン・全13種
25/37 《光牙忍ハヤブサマル
26/37 《超次元シャイニー・ホール》
27/37 《氷牙フランツ1世》
28/37 《超次元エナジー・ホール》
29/37 《超次元リバイヴ・ホール
30/37 《斬込隊長マサト》
31/37 (新規)
32/37 《隻眼の粉砕脚ポン吉》
33/37 《超次元ボルシャック・ホール
34/37 《キリモミ・スラッシュ》
35/37 《超次元フェアリー・ホール》
36/37 《ミラクルとミステリーの扉》
37/37 (新規)


赤字は中間発表と最終結果の両方で登場しているカード
青字は投票範囲の対象外のカード つまりファンサービス




どの程度まで投票結果を参考にしているのは確認しようもないが、いわゆる「汎用カード」と「高額カード」、「殿堂入り」(それとヒーロー的なカード)の枠で(投票結果も収録内容も)くっきり分かれている。

中間発表の時点で上位に位置していた《フェアリー・ライフ》、《スーパー・スパーク》のような基礎的なカードが収録されていないのは、おそらく「デッキビルダー鬼DX」に収録予定だからなのだろう。

DMX-01「キング・オブ・デュエルロード ストロング7」に引き続き、ラミネート仕様の新規カードは封入率が低い模様。
《鬼斗マッスグ》のような基本的なスペックのものは前回のように「デッキビルダー鬼DX」に再録されそうだが、《光器パーフェクト・マドンナ》や《天頂開戦ゼニス》は、その強力かつ派手な効果の性質上、実質ベリーレア以上のカードという位置づけなのかもしれない。


・E2の超次元はどうなる?
「覚醒編第1弾」の超次元呪文が全て再録されているが、E2環境には対応するサイキック・クリーチャーが存在しないものもあることを考えると、今後も超次元は続投するのかもしれない。
再録でお茶を濁されたり『ライジング・ホープ』の奴らを呼べばいいとなっても知らん。


・E2で多色はどうなる?
それ以外にも、再録されたカードで今後の環境を予見するならば単色カードの多さが気になるところ。
前回は《フェアリー・ミラクル》や《執拗なる鎧亜の牢獄》、《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》のような多色デッキをサポートするようなカードが多数見られたが、今回の多色カード(またはそのサポート)は随分減っているようにも思える。

MTGでは無色(アーティファクトとかエルドラージとか)がプッシュされる環境では大抵の場合多色カードは脇に置かれてしまうものだが、ゼロ文明の登場がどう影響するか気になるところである。




おまけ
自分のBOX内容

スーパーレア
《時空の雷龍チャクラ / 雷電の覚醒者グレート・チャクラ》1枚
《魔刻の斬将オルゼキア》0枚
《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン / 勝利の覚醒者ボルシャック・メビウス》0枚
《鬼カイザー「滅」》0枚

ベリーレア
《サイバー・G・ホーガン》1枚
《無情プリンス デスシックス》1枚
《威牙の幻ハンゾウ》0枚
《爆竜トルネードシヴァXX》0枚

レア
《光牙王機ゼロカゲ》0枚
《光器パーフェクト・マドンナ》(ラミネート仕様)1枚
《ストリーミング・チューター》0枚
《天頂開戦ゼニス》(ラミネート仕様)0枚
《トラップ・コミューン》1枚
《大喰の超人》0枚
《リーフストーム・トラップ》1枚
《母なる星域》1枚
《神秘の宝箱》2枚
《ハッスル・キャッスル》1枚

アンコモン
《ピース・ルピア》2枚
《光陣の使徒ムルムル》3枚
《カビパン男》3枚
《ローズ・キャッスル》2枚
《獣鬼トラマル》(ラミネート仕様)1枚
《超爆デュエル・ファイアー》3枚
《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》3枚
《再誕の社》3枚
《電脳護聖ビョイト》(ラミネート仕様)1枚
《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》4枚

コモン
《光牙忍ハヤブサマル》2枚
《超次元シャイニー・ホール》3枚
《氷牙フランツ1世》3枚
《超次元エナジー・ホール》3枚
《超次元リバイヴ・ホール》3枚
《斬込隊長マサト》3枚
《鬼姫ローリエ》(ラミネート仕様)2枚
《隻眼の粉砕脚ポン吉》3枚
《超次元ボルシャック・ホール》2枚
《キリモミ・スラッシュ》4枚
《超次元フェアリー・ホール》3枚
《ミラクルとミステリーの扉》5
《鬼斗マッスグ》(ラミネート仕様)1枚



(少なくとも個人的には)かなりの神BOXでした



ブログパーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蟹の味噌汁

Author:蟹の味噌汁
デュエマ中心、たまに遊戯王とMTGも扱うブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
MTG (6)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
にほんブログ村 人気ランキング
人気ページランキング
カードゲーム ランキング - FC2ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング