スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DMD-13 「スーパーデッキMAX カツキングと伝説の秘宝」

久しぶりに登場したスーパーデッキ、DMD-13 「スーパーデッキMAX カツキングと伝説の秘宝」

優秀なスーパーレアやベリーレアが大量でパーツ取りをする上で優れたスーパーデッキと、最新のギミックを搭載した上で完成度も両立させているE1以降の構築済みデッキの性質を兼ね揃えてさらにパワーアップした、噛めば噛むほど味を楽しめる構築済みデッキとなっている。

ドロン・ゴー、ビッグマナ、《ヒラメキ・プログラム》、複数のギミックが凝縮されたこのデッキを使ってどんなデッキに改造するべきか迷うところである。


デッキ構成とカード別評価
《ヒラメキ・プログラム》のギミックを考慮してクリーチャーと呪文を別々にしたマナコスト順で掲載。


クリーチャー


コスト2
《霞み妖精ジャスミン》 4
全体的に重めのデッキなので2マナブースト手段は8枚体制になっている。
改造なしのデッキ構成ならなるべく2マナ→4マナ→5マナと繋げたいところ。

コスト5
《アクア・バースター》 2
思わず《アクア・サーファー》に差し替えたくなったのならデッキの見直しは必ずすること。後述の《シンカイサーチャー》や《蒼狼の始祖アマテラス》を差し置いて出てこられたらやりきれないこと必至である。
呪文と入れ替える場合も《無敵剣 カツキングMAX》による召喚からのバウンスができなくなることと天秤にかける必要がある。

《無敵 ドン・カツドン》 3
cip能力とドロン・ゴーの性質上、4ターン目に召喚するのがこのデッキの理想の動きとなる。他に5マナクリーチャーはいないが。
手札と相談しながら《ヒラメキ・プログラム》で展開するか、アタックトリガーを誘発しつつ自爆特攻するかも決めよう。
このクリーチャーからのマナの流れを意識するなら7マナクリーチャーをもっと投入するのもいい。
ただし、エグザイル・クリーチャー故の事故には注意したい。

コスト6
《シンカイサーチャー》 2
《ヒラメキ・プログラム》によって出した《シンカイサーチャー》の効果で破壊したものに対応するエグザイル・クリーチャーをサーチしてくれば即座にドロン・ゴーが発動できる。
ちょうど《無敵 ドン・カツドン》のようなコスト5のエグザイル・クリーチャーからリクルートできるのも大きな強みなので、このギミックをさらにエグザイル方面に活用するなら色もコストも合う《超合金 ロビー》がオススメ。
このデッキのために彼が生まれたのか、彼を活かすためにこのデッキが生まれたのか、というレベルで相性がいいと個人的には思ったり。

《蒼狼の始祖アマテラス》 1
上記の《シンカイサーチャー》とのコンボのためにデッキから他のコスト6クリーチャーは排除されているが、唯一存在を認められているのが高い汎用性を誇るこのカードである。
サーチした《ヒラメキ・プログラム》を自身に使うもよし、コスト5のエグザイル・クリーチャーからリクルートされたなら自身の効果からの《ドンドン吸い込むナウ》や《伝説の秘宝 超動》で手札に呼び込むもよし、とデッキコンセプトとかみ合った万能クリーチャーである。
ただし、デッキの7マナ域が薄くそれぞれが役に立つ場面には注意しておきたい。

コスト7
《ガンリキ・インディゴ・カイザー》 1
手ごろなロックでスタートの遅いデッキを支える堅実なクリーチャー。最速で出した場合なら5、6ターン目くらいのはずなので、大抵は相手もまだカードの使用が必要な時期だし、展開と攻撃を両立できないのは終盤でも相手にとってはなかなか厄介な存在になる。
実は除去されたターンも条件を満たしていればロックで1ターン稼げるのも大きな利点だったりする。
膠着状態に持ちこむ効果の性質上、エグザイル・クリ-チャーの自爆特攻がしにくくなる点には注意。

《ボルバルザーク・エクス》 1
殿堂入りしているので同名を横並びさせることはできなくなったが、手札とマナが潤沢なデッキではやはり脅威。このデッキの場合なら《聖域の戦虎 ベルセルク》と《無敵剣 カツキングMAX》からオーバーキルする勢いで攻めに行ける。
強力なカードだが《ガンリキ・インディゴ・カイザー》と比べると出すタイミングを選ぶ点には注意。
マナのアンタップを無駄にしないためにも《蒼狼の始祖アマテラス》の効果から自身に《ヒラメキ・プログラム》を使う場合は、予め他のマナを使い切って手札を補充しておきたい。

コスト8
《永遠のリュウセイ・カイザー》 1
自軍はスピードアタッカー、相手はタップインという形で両者の速度を弄るE1トップレアの一角。オラクルに対抗するアウトレイジは自由を追求する立場なので敵の拘束はハンターに任せているようだ。
デュエマのルールではタップインの相手を速やかに殴りに行ける点ではMTGの《隠れしウラブラスク》より危険度は遥かに上。悪役よりえげつないぞ。
競合相手が自軍を巻き込む除去と同系を展開できないエグザイルなこともあり、他のコスト8のクリーチャーより出すタイミングを選ばないもののマッドネスの都合上なるべく《ドンドン吸い込むナウ》で優先的にサーチしたい、つまり山札に残らないので《ヒラメキ・プログラム》でリクルートできないという万能さ故のジレンマが存在する。相手のデッキタイプには十分注意しよう。

《裂竜の鉄槌 ヨルムンガルド》 1
端的に言えば二倍《霊騎ラグマール》。ただし、両者のエグザイル・クリーチャーを巻き込まないという違いがある。
おかげでせっかく出したエグザイル・クリーチャーをマナに送らずに済むし、特に《無敵剣 カツキングMAX》がいれば自身の効果によりマナ送りにしても毎ターン使い回せるため好相性である。
しかし、自分でエグザイル・クリーチャーを使わない分にはただのデメリットになるため、その場合は文明こそ違うものの頭数が減りにくい《魔刻の斬将オルゼキア》のほうが効率がいい。

《無敵剣 カツキングMAX》 3
このデッキの切り札であり、過剰ブーストギミックの意味がここに集約されてくる。
召喚できる回数こそ制限されているが、クリーチャーの種類を選ばず召喚できるのはやはり強力。全体的に重いデッキなので回数制限も気になりにくい。逆に言えば、改造でループギミックを組み込む際には気をつけるべきところでもある。
手札やマナにクリーチャーが足りず、同名カード(あるいは他の《無》とあるエグザイル)が手札で腐っている場合はサーチ目当てで《ヒラメキ・プログラム》を自身に打つといい。ちょっとした手札コストと引き換えに強力な9マナクリーチャーに手早くアクセスできる。
《無法伝説 カツマスター》の土台にもどうぞ。

コスト9
《サイバー・A・アイアンズ》 1
除去や事故のせいでいつでもマナ回収できるとは限らないことを考えると、潤沢なマナを扱うデッキで高い打点と5ドローのcipは非常に嬉しい。
自身のブロック不可付与は水クリーチャーが少な目なこのデッキでは少し条件が難しいが、デッキにさえ残っていれば《無敵 ドン・カツドン》からの《ヒラメキ・プログラム》コンボついでに達成できる。《無敵剣 カツキングMAX》のcip除去とマナからの召喚能力でさらに脅威が増すので結構侮れない。

《ボルシャック・クロス・NEX》 1
スピードアタッカーかつT・ブレイカーな上、低コストロックとゼニスと比べても遜色のない攻撃時のパワーを持つ。こちらにはコスト4以下のクリーチャーが《霞み妖精ジャスミン》しか入っていないため、低コストロックのデメリットは事実上無視できる。
全体的に《暴走龍 5000GT》と役割が被るものの、《無敵剣 カツキングMAX》から《ヒラメキ・プログラム》でリクルートできる点や《蒼狼の始祖アマテラス》の召喚を阻害しない点で十分差別化できる。

《聖域の戦虎 ベルセルク》 1
cipで《再誕の聖地》、しかも重いだけあってアンタップインまでしてくれる。もちろん多色の場合は意味がないが。そうしてことを考慮してか、このデッキは3色にも関わらず多色カードが7枚しかない。《聖域の戦虎 ベルセルク》を軸にした改造の際は入れ過ぎに注意しよう。
cip能力は《ボルバルザーク・エクス》と相性が抜群でループコンボも狙えるが、自身もT・ブレイカーなので《勝利のリュウセイ・カイザー》と他にクリーチャーが並んで入れば十分アタッカーが間に合ってしまう、なんてことも。

コスト10
《超銀河竜 GILL》 1
強力な全体除去。ただしコスト9のクリーチャーからの《ヒラメキ・プログラム》は基本的に割に合わないので、《聖域の戦虎 ベルセルク》による過剰ブースト経由で出すことだけに絞ったほうがよさそうだ。
踏み倒しを選択肢に含めないならいっそのことゼニスに任せてもいいかもしれない。

《暴走特急 マルドゥック》 1
スピードアタッカーかつ事実上のアンブロッカブルのT・ブレイカーであり、突破力は随一。
ただし、コスト10はやはり重く、ブーストからの素出しならゼニスのほうが影響力が大きく、踏み倒しを前提にしても《勝利宣言 鬼丸「覇」》のような強力なライバルがいるため、アウトレイジであることに意義を見出だしたい。
その場合も《暴走龍 5000GT》が壁として立ちはだかるので、ほぼ確実にプレイヤーに攻撃できる点を買うほうがよさそうだ。


呪文


2マナ
《フェアリー・ライフ》 4
説明不要のブースト手段。2マナかつS・トリガーであるライバルが存在しない以上、出足が遅いこのデッキでは抜くことはまず考えられない。抜くことがあるとしたら、大きくデッキの方向性を変える時である。

3マナ
《ヒラメキ・プログラム》 3
このデッキの最重要呪文。知っての通り、コスト1上のクリーチャーをリクルートするのはもちろん、自分のクリーチャーを破壊できる点も重要。特に改造なしで使うなら自分のクリーチャーを破壊する手段は他にない点に注意。
ドロン・ゴーと組めばより強いクリーチャーを2体展開できるのは強烈だが、上のコストのクリーチャーの整理とエグザイル・クリーチャーの選別、それらと相性のいいカードの組み合わせをバランスをとりながら事故の可能性も考慮しないといけないので結構悩ませるカードである。

《再誕の社》 1
序盤に使う呪文が多いため、妨害がなければ中盤以降マナに置くカードには困らないはず。
殿堂入りカードな上に文明の都合上再利用する手段はないので、《無敵剣 カツキングMAX》の能力を使いたいなら使用タイミングに注意。

《セブンス・タワー》 1
手札の都合によっては序盤に使ってもいいがメタモーフ適用時なら一気に10マナまで伸ばせるので、デッキに入れるからには《無敵剣 カツキングMAX》や9マナ以上のクリーチャーのような無理なく大量のマナを使用するギミックを確保しておきたいところ。
その戦略に特化したい場合は、いっそ《無敵 ドン・カツドン》を抜くのもアリ。

4マナ
《ドンドン吸い込むナウ》 1
デッキの火や自然要素をある程度濃くしなければ真価を発揮できないが、その欠点を補って余りある驚異的なパフォーマンスを誇るサーチ&バウンス呪文。
とりあえず何も考えずに複数枚投入してもいいくらいの強さだが、改造方針にもよっては4積みしない方向性も十分考えられる。
あくまでもサーチがメインでバウンスがおまけなため、バウンスにこだわらなければ《ヒラメキ・プログラム》などを手札に加えられる。意外と忘れがちなので注意していきたい。

《伝説の秘宝 超動》 4
《ネオ・ブレイン》+《グシャット・フィスト》、と書くと地味に見えるがいつでも腐らないというのは予想以上に優秀。
《禁術のカルマ カレイコ》や《穿神兵ジェットドリル》のような天敵を排除できる3000以下に対する火力も絶妙。そうしたカードは3マナに集中しているため、《ドンドン吸い込むナウ》以上に2ターン目のブーストから3ターン目には唱えられるようにしておきたい。脅威がいなくともエグザイル・クリーチャーなど必要なパーツが多いため手札が多いに越したことはないので3ターン目に打つ方針は変わらない。
どちらもこのデッキに欠かせない魅力的な効果のため、能力の両立こそできるもののバウンスの性質上一時しのぎになりがちな《ドンドン吸い込むナウ》より優先して投入するに値するはず。

6マナ
《ナチュラル・トラップ》 2
安定感のある自然のS・トリガー。《リーフストーム・トラップ》や《父なる大地》と違い、タイミングを選ばず確定除去を放つことができるのはこのデッキでは大きなメリットである。
除去はタップされていないものに限定されるものの、マナ回収も兼ねる《グローバル・ナビゲーション》も相性はいいので好みと相談しよう。



デッキの弱点


・《デュエマの鬼!キクチ師範代》、《禁術のカルマ カレイコ
マナ加速もクリーチャーの踏み倒しも許さないこの二枚はまさに天敵中の天敵。パワーが低い関係で除去しやすいが相応にコストも軽いため、《伝説の秘宝 超動》や《ナチュラル・トラップ》以外はバウンスだったり《無敵剣 カツキングMAX》のように踏み倒しギミックの対象になる程重かったりするで結構手こずるはず。
《仁義無き戦い》や《無法の裏技ドドンガ・ドン》のようにデッキのギミックに合わせた追加の除去手段を用意しておきたい。

・《封魔ゴーゴンシャック》、《虚構の影バトウ・ショルダー》
上の二枚ほどの拘束力はないがその分汎用性が高く、見かける機会もより多いと思われる。
パワーも低いので除去を考えるのもいいが、地域メタなどによってはいっそのこと《ヒラメキ・プログラム》を抜いて大幅に改造してしまうのもアリかもしれない。


デッキの改造


そのままでも十分強力なデッキだが、複数のコンセプトを兼ね備えているため安定性が足りないと感じるなら改造してみよう。以下のプランから一つか二つくらい選んで改造してみよう。

・基礎をそのままに数枚だけ入れ替える
・ビッグマナ寄りにする
・ドロン・ゴー寄りにする
・《ヒラメキ・プログラム》寄りにする
・自爆させやすいように闇文明を入れる。
おおまかなプランはこんなところだろうか。
シールド・ゴーを新たに加えるには構造が合わないと思うのでオススメしない。

数枚だけ入れ替えるなら《超竜の潮流 コンコルド》、ドロン・ゴー+闇文明なら《ブータン転生》を加える、といったように公式サイトをはじめとして色々ヒントが見つかるはず。

自分の場合、「ロビー」と並行させつつ平均コストを下げる方針でこんな感じで運用中。
ただし試作段階なので参考になるかは不明。

OUT
《霞み妖精ジャスミン》 2枚
《アクア・バースター》 2枚
《セブンス・タワー》 1枚
《ナチュラル・トラップ》 2枚
《ガンリキ・インディゴ・カイザー》 1枚
《永遠のリュウセイ・カイザー》 1枚
《裂竜の鉄槌 ヨルムンガルド》 1枚
《サイバー・A・アイアンズ》 1枚
《超銀河竜 GILL》 1枚
《暴走特急 マルドゥック》 1枚

IN
《突撃奪取 ファルコン・ボンバー》 1枚
《ドンドン吸い込むナウ》 3枚
《EX秘伝カツトンファー》 2枚
《超合金 ロビー》 2枚
《絶超合金 ロビンフッド》 2枚
《超竜の潮流 コンコルド》 1枚
《深海の伝道師 アトランティス》 1枚
《無法伝説 カツマスター》 1枚



正直前回の《知識の破壊者デストルツィオーネ》のマナコスト予想は外し過ぎだと自分でも思った。


どうせ遅筆なら似たような記事が多そうなデッキ改造よりもっと別の角度から攻めたほうがいいのだろうか。

ブログパーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蟹の味噌汁

Author:蟹の味噌汁
デュエマ中心、たまに遊戯王とMTGも扱うブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
MTG (6)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
にほんブログ村 人気ランキング
人気ページランキング
カードゲーム ランキング - FC2ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。